TELAS公式アプリ
無料公開中!! 今すぐチェック!

TELAS – テラス > Mac > OS X Mountain Lionを上書きインストール/クリーンインストールする方法

OS X Mountain Lionを上書きインストール/クリーンインストールする方法

使用したモデル MacBook Pro 13inch
OS/ファームウェア Mac OS X Lion 10.7.4
作成日時 2012年7月26日 00:48
更新日時 2012年8月1日 11:33
執筆者 SHINOBU UNAKAMI / 海上忍

新しいOSが公開されたら、現在利用している起動ディスクに導入する「上書きインストール」を選択するのが基本です。しかし、バージョンアップを機にシステムをきれいにしたい、と考える人は多いはず。動かなくなったら困るアプリケーションがある、とりあえず様子を見たい、という人もいることでしょう。
 
そんな場合には、クリーンインストールがお勧めです。Mountain Lionをインストールするとき、対象のディスクにUSBやFireWireで接続したハードディスクを指定すれば、そこが新しい起動ディスクとなります。新しい起動ディスクには以前のファイルがありませんから、もしLionのときシステムの調子が悪かったとしても、それが引き継がれることはありません。現在利用している起動ディスク(Lion)は手付かずで残るので、アプリケーションが動かなくなって困るという事態も防げます。
 

01 Mountain Lionを購入
「App Store」を起動し、Mountain Lionの購入手続きを行います。購入にはApple IDが必要ですが、すでにLionを利用しているのならば、持っていることでしょう。
02 Mountain Lionをダウンロード
「OS X Mountain Lion インストール」がアプリケーションフォルダにダウンロードされます。約4.05GBもの容量がありますから、ブロードバンド回線でも数十分ほどの時間がかかります。
03 インストーラの起動
ダウンロードが完了したら、一般的なアプリケーションと同様に起動します。すると、「OS X インストール」という画面が現れます。
04 ソフトウェア使用許諾をチェック
OS Xのソフトウェア使用許諾が表示されます。同意しないかぎり処理を進めることができないので、ここでは「同意する」をクリックします。
05 ディスクを選ぶ
Mountain Lionを現在の起動ボリュームへインストール(上書きインストール)する場合は、1つだけ表示されているはずのディスクアイコンをクリックします。外付けディスクへインストール(クリーンインストール)する場合は、「すべてのディスクを表示...」ボタンをクリックします。
06 インストール先を決める
この画面で、インストール先のディスクを最終決定します。あとの作業は、上書き/クリーンインストールのどちらも同じです。
07 管理者のパスワードを入力
OSのインストールは、管理者の権限で行います。通常、管理者はOS Xで最初に登録したアカウントです。
08 システムの再起動
あとは、インストーラの処理を待ちます。ディスクの性能にもよりますが、数分ほどすれば再起動をうながす画面が表示されるので、あとは画面の指示に従います。

OS X Mountain Lion(1,700円)

カテゴリ 仕事効率化
販売元 iTunes K.K.

全てのバージョンの評価:

検索する

編集部から


TELAS公式アプリ
無料公開中!!