TELAS公式アプリ
無料公開中!! 今すぐチェック!

TELAS – テラス > iPhone > 脱獄不要! iOSをダウングレードする方法 ~ 以前のバージョンに戻したい方へ

脱獄不要! iOSをダウングレードする方法 ~ 以前のバージョンに戻したい方へ

使用したモデル iPhone 4/4S
OS/ファームウェア iOS 5.1.1
作成日時 2012年9月20日 14:10
更新日時 2012年9月24日 17:46
執筆者 SHINOBU UNAKAMI / 海上忍

iPhoneの場合、システムのアップグレードがプラスに作用するとはかぎりません。機能が向上したぶん負荷が高くなり、サクサク動かなくなる……という可能性もありえます。そんな場合には、システムを以前のバージョンに戻す「ダウングレード」を検討したほうがいいかもしれません。
 
なお、作業前には必ずiPhoneのバックアップを実行しておきましょう。iCloudとiTunes、どちらの方法でバックアップしても構いませんが、復元にかかる時間の短さを考えるとiTunesにバックアップしたほうが効率的です。
 

追記:2012年9月24日現在、この方法でのダウングレードはできなくなっております。復元時にファームウェアの妥当性を確認するためにAppleのサーバと通信が始まりますが、認められず復元に失敗します。

01 ファームウェアのダウンロード
ダウングレードしたいバージョンのファームウェアを、あらかじめアップルのサーバからダウンロードしておきます(またはファームウェアのダウンロード先を紹介しているサイトから)。ダウンロード先URLは、Googleで「デバイス名 バージョン link」の要領で検索すれば判明します。たとえば、iPhone 4S/iOS 5.1.1ならば「iPhone 4S 5.1.1 link」となります。「ios ipsw」で検索してもいいかもしれません。ファームウェアファイル(*.ipsw)は開かず、適当な場所に保存しておきます。
02 iPhoneの接続
iPhoneをMacまたはWindowsにDockケーブルで接続し、iTunesを起動します。
03 iPhoneの再起動
ホームボタンとスリープボタンを押し続け、iPhoneを再起動します。
04 システムの再起動
しばらく待つとiPhoneのシステムが再起動し、画面にAppleマークが表示されます。その時点でスリープボタンを離してください(ホームボタンは押し続けたままです)。
05 初期化開始
iTunesへの接続をうながすメッセージが表示されるので、そこでホームボタンから指を離します。
06 復元の開始
iTunesのデバイス欄でファームウェアを更新するiPhoneを選択し、Macの場合option、Windowsの場合shiftを押しながら「復元」ボタンをクリックします。
07 ファームウェアの選択
手順01でダウンロードしておいたファームウェアを指定し、「開く」ボタンをクリックします。
08 初期化の確認
iPhoneの内容が消去されることを確認し、「復元」ボタンをクリックします。
09 ファームウェア復元の完了
iPhoneが2度再起動を繰り返したあと、iOSのセットアップを進める画面が表示されます。あとは、画面の指示に従い、バックアップしておいた各種データをコピーすれば(数十分〜数時間ほどかかります)、復元作業は完了です。

検索する

編集部から


TELAS公式アプリ
無料公開中!!